グランドホクヨウのパーティレポート

2017.10 真裕さん☆睦美さん

バージンロードには意味があります。
チャペルの扉が開いた瞬間を新婦様がお母様のお腹から生まれた瞬間、そしてその先に続くバージンロードは新婦様が新郎様と出会うまでの幸せな人生の道のりを表しています。

新郎のもとに辿り着くまでに花嫁を邪悪なものから守って欲しいという願いをこめて、母親が娘に最後の身支度「ベールダウン」
短い時間ですが、今までのさまざまな思い出が思い出されます。

挙式後は、皆様にフラワーシャワーで祝福して頂きました☆
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスコート役は「お母さん!」

小さいころは身体が弱くて心配かけた、お母様に思いを伝えたい・・・。
新郎様のお色直しのエスコートはお母さん。
当日までは内緒にしていたので名前を呼ばれたお母さんもびっくり!
驚きながらもとってもうれしそうなお母さん。
新郎様の口から今までの感謝の思いを伝えます。
「お母さんのおかげで元気に、こんなに大きくなりました!ありがとう」

手をつなぐのは小学校以来。大きくなった手でしっかりとお母様の手をとり、一緒にお色直しへ向かわれました。

恋のキューピット

お色直し後は真っ赤なドレスで再入場☆

入場後はケーキ入刀へ!
入刀したケーキをどうしても食べて頂きたい方が♪
それは、お二人がお付き合いするきっかけとなった新郎様の友人、そして新婦様のご職場の先輩の神野さん!
「出会わせてくれてありがとう!」そんな思いを込めて、新郎新婦様から一口ずつケーキのプレゼントを☆
本当にありがとう!

新郎のご友人もすてきな余興をみせてくれました!
終始笑いが絶えない会場でした♪

いつも近くで支えてくれた、育ててくれたお父さん、お母さん。
普段は言えない感謝の思いを伝えます。思春期の頃はひどい言葉を言ってしまってごめんね。
お父さん、お母さんのおかげで今日という日を迎えることができました。

感謝の思いを花束とお二人で準備してくださった似顔絵に込めます。
「ありがとう・・・」


ウエディングプランナー 伊藤

 

他のレポートを見る

ABOUT CEREMONY

挙式場 聖アンナ教会

披露宴会場 紗紅蘭

季節

人数 88名